自己責任を感じているぽっちゃりお腹な男女

10kg痩せて肥満を解消!ごはんをおかゆに置き換え

男女共に30代後半辺りになると20代の頃に比べ、10kg程度体重が増え肥満になってしまう方は少なくありません。
男性では結婚して3食きちんと食べるようになったり、女性は出産を機に増えた体重が戻らずといったことから増えていくケースが多いようです。
30代を過ぎると基礎代謝量が自然と減少していくので、若い頃と同じようように食べていたら太っていくのは当たり前とも言えます。
肥満にならず体型を維持している人は、生まれつきの体型も関係していますが、努力の上で成り立っていることも多いのです。

例えば運動をしている人も多いですよね。ウォーキングやランニング、スポーツクラブに通う方も多くいます。
しかし一度肥満になってしまうと体を動かすことが億劫になり、運動どころではないのが現実ではないでしょうか。
ですからまずは体重を落とし、動ける体を作ることから始めましょう。
とはいえいきなり10kg落とすとなるとハードルも高く、やる気がでないものです。
1カ月に2~3Kgを目標にしてトータルで10kgを1年位かけて落としていくことが定着させるのも良いペースです。

体重は摂取カロリーを減らせば落ちるものです。実にシンプルなのですが、これがなかなか難しいものです。
食事を抜いたり急激に減らすと反動で食欲が増し、元の体重以上になってしまうことも多いのです。
バランス良く栄養を摂りながら痩せていくのが理想なので、お薦めはごはんをおかゆに置き換える方法です。
ごはんはおかゆに置き換えることでカロリーを半分程度に減らすことが出来るのです。おかずは今までと同じで構わないので、
減少したがはんのカロリー分だけ体重が落ちていく計算になります。
おかゆにするとかさが増えるので、今までのごはんをおかゆにして、それを2回に分けて食べるとより効果的です。
夕飯だけ置き換えても充分効果はありますが、朝食も置き換えると更に早く落ちます。是非お試しください。